仕事をさぼる心、さぼりたい、なまけたい、という心は実は重要。

スポンサーリンク

こんばんは、若林こと若林です。
仕事をさぼる心、さぼりたい、なまけたい、という心こそじつは重要なんだ!
って思っていますが、実生活でそれを主張することはなかなか難しいです。
思ってることが言えない…そんな憂さ晴らしをするのにこのブログはうってつけです。
ここでは、仕事をサボリたい、楽をしたいという事が大事をいう主張をする前に、
仕事をしているのに仕事をしていないという報告をすることもヤバいことだということをみなさんにお伝えしたいです。

僕は怠け者。

みんなさぼりたい、怠けたいですよね。
僕もサボリ魔です。
時間があれば寝ていたいですし、効率が良くて楽な仕事がしたいし、
寝ててもお金が入ってくるといいな~思ってます。

それと反対に、いつも勤勉で真面目な方がいらっしゃいます。
そういう人ってけっこう自分に酔っている人が多いです。
しんどい自分が好き、みたいな。
もちろん僕のような変人でも新しい製品が出た時や、仕事・製品の知識を深めたい時なんかは会社に残ったり、土日に会社に行ったりしますが…

仕事をしているのに終わっていると報告することのヤバさ

たまにサービス残業とかして、残業代なしで
積極的に働く人もいます。
そういう人ってこういうのがかっこいいって思ってるふしがあります。
学生の頃、書店でバイトしていたことがあるのですが、
時間が来たらタイムカードを押して、そんで押してからまた仕事に戻ったりするんです。
こういう時、例えば一時間しか働いていないのに1時間15分で申告したらいかんけど、
1時間15分働いているのに1時間しか働いていないと申告しているのもだめです。
たぶん仕事が早く終わらせることが出来る有能な自分を上にアピールしたいのでしょうが…

こういうのを黙認していると、労働環境とかどんどんブラックな状況になっていくし、
そういうのを良しとする上司とかものさばっていきます。
気を付けようぜ!

スポンサーリンク