ジャネーの法則。大人になると時間がすぎるのが早く感じるという恐怖の現象。

ジャネーの法則(ジャネーのほうそく)は、19世紀のフランスの哲学者・ポール・ジャネが発案し、甥の心理学者・ピエール・ジャネの著書において紹介された法則。主観的に記憶される年月の長さは年少者にはより長く、年長者にはより短く評価されるという現象を心理学的に説明した。ジャネの法則とも表記する。

wikipediaより

みなさんは、ジャネーの法則を知っているだろうか。

大人になると時間が早く過ぎてしまう、という例のアレだ。

50歳の人間にとって1年は50分の1。

5歳の人間にとっての1年は5分の1、というわけで。

自分が1番で居られる場所を探すのが成功への近道!

世の中には絶対評価と相対評価があります。

こいつは絶対に仕事ができる、っていう評価と

まわりと比べたらまぁ、仕事できるかな、っていう評価。

評価なんて周りと比べていくしかないんだから、

いつでも自分が1番でいられる【村】をさがすのが、

居心地よくいられるポイントです。

あくまで相対的に上の方に居られたらそれでいいです。

まちがっても勝負の土俵にあがったりしたらダメです。

実力測られて足元見られますから。

恐怖!ジャネーの法則

ジャネーの法則はあくまで相対的に時間が短く感じていく、

っていう事だが、

ここで絶対時間っていうのを提唱したい。

誰にも何にも比べられることなく、

1秒・1分・1時間・1日と時を刻んでいく方法だ。

この絶対時間についてはいつか詳しく書きたいが、

この過去の時間にとらわれて、今をスポイルされるという恐ろしさったら!

スポンサーリンク