ローン・借金について思う事

今回もお金の話。
特に、少額の小さなローン。

いい借金・わるい借金

もちろんいい借金もあります。起業の為や、住宅ローンなど、少額のローンとか…
今回は自動車ローン以下の、小さな買い物。
クレジットカードの分割もこのくくりに入れましょうか…
借金は基本的に悪。
分割も悪。
なぜなら、単純に金利が大きいからです。
この金利は、意外と見えにくいですが、大きいですね。
これはやっぱり削りたいです。
だからどうやって削るか、と言いたいわけではないです。

なぜローンを組んでしまうのか?

今までローンで大きな買い物をしてきたと思いますが、
もし、あなたの手元に現金があれば、それでもあなたはそれを買いますか、という話です。

ローンで困る方の特徴は、現金がないから、困るわけです。
300万のものが欲しくても、お金がないから、50万しかないからローンを組んだりするわけです。

毎月の貯金を、ローンに入れ替えるような、そんな買い物をするかもしれません。
事実、今まで、貯金がローンみたいなもんや、と言っている人がいました。
これも一理無いわけではないですが…

ここで考えてみてほしいですが、お金があったら、それを買いますか?と、いう問いをしたいです。

大きな買い物をした後の心境の変化

いろんな例がありますが、100万位の高級時計。
お金がない時は憧れに憧れて、手に入れたらみんなに認めてもらえるんじゃないか…
そう思って、ローンを組んで買いましたが…
お金を手に入れて、ふと、その時計を見たら、別にそんなにカッコいいわけでもないんですよね…
そういう方、多いです。
アメ車とかも、若い頃は欲しくて欲しくて、お金を手に入れて、買うか、といういうと…
買わないです。

不思議なもので、同じ人間でも、現金がある時と、ない時で、お金の使い方が変わってしまいます。

まとめると、ローン自体は、金利があるので、お金のムダが多いです。
本当に必要なものか見極められない、本当に必要なものか深く考えていないのに、ローンで手に入ってしまうから、買ってしまう…。

400万の車が欲しくて買ったけど、お金が貯まった時に、考えに考え抜いて、100万円の車を買って、快適に、借金もなく過ごせます。また、300万円が残るので、次の選択肢に行きやすい。

大きな買い物をする時、もう一度踏みとどまって考えてみてほしいです。

スポンサーリンク